ビノ・ドゥル・セナトゥラル

モスカテル

甘くフレッシュ、そして繊細

はじめに

モスカテルはフルーティーな香りと、このぶどう品種の典型的な素晴らしいアロマティックな個性を持ち合わせたシェリーのぶどう品種の一つです。モスカテルのぶどう畑はかなりの海の影響を受けている沿岸部の砂地にあります。

テイスティングノート

栗色から濃いマホガニー色で見るからに濃度が高く涙がたっぷりとつきます。モスカテル種のぶどう品種特有の香りが秀でていますが、ジャスミンやオレンジの花、スイカズラの花のフローラルなアロマに加えてライムやグレープフルーツの柑橘系の香りも甘さとともに感じられます。控えめな甘さでモスカテル種とフローラルなノートが支配的で、ほんの少しドライで苦みのあるフィニッシュへと導きます。

ご存知でしたか?

モスカテルが「アソレオ」によってレーズンになった時、素晴らしい糖度の凝縮とレーズンのアロマが造りだされます。その結果このワインは「モスカテル・デ・パサス(干しモスカテル)」として知られています。

Moscatel Vinos de Jeres Sherry

生産と熟成

モスカテルというワインはフレッシュなものか、レーズンになるまで天日干しをした同じ名前のぶどう品種から造られます。後者の場合、プレスして得られる果汁は大変糖分が凝縮し、かなり色がついています。フレッシュな、もしくは天日干しされたぶどうのモストは、グレープ・スピリッツを添加して発酵を止めます。

熟成は酸化熟成のみが行われ、段階的なアロマの凝縮が引き起こされ、複雑味が増しますが、フレッシュさとこのぶどう品種の典型的なフルーティーな個性が失われることはありません。このワインは単体で飲むのも素晴らしく、開栓後数か月にわたって保管できます。

分析データ

Moscatel

  • アルコール含有量 15~22 %
  • 糖分 160 g / l 以上
  • 総酸度(酒石酸) 3.5 g / l
  • 揮発酸(酢酸) 0.8 g /l 以下
Jerez-Xérès-Sherry

#SHERRYLOVER

CLASSIC, PASSION, UNIQUE