ビノ・へネロソ

マンサニーリャ

シェリーのセニョリータ

はじめに

マンサニーリャはパロミノ種のぶどうから造られる辛口の白ワインで、フロールとして知られる、酵母の膜の下で熟成します。それはもっぱらサンルーカル・デ・バラメダのボデガで生産されます。その町の特別な気象条件とグアダルキビール川の河口に位置していることが、そのワインに独特な特徴を与える特別な種類のフロールの膜の形成に有利なのです。

テイスティングノート

非常に輝きのある、薄い麦わら色のワイン。シャープで、カモミールを思わせるフローラルなアロマや、アーモンドや生のパン生地のデリケートなブーケが支配的です。ドライでフレッシュ、そしてデリケートな口当たり、ライトでなめらかであるけれども、ドライなフィニッシュです。軽い酸がフレッシュな感覚といつまでも続くわずかに苦みのある後味があります。

ご存知でしたか?

時々マンサニーリャには普通ではない長い熟成期間を経るものがあります。そのフロールはわずかに弱くなり、そのためほんの少しの酸化と、素晴らしい複雑味を帯びます。それは「マンサニーリャ・パサダ」として知られています。それらのワインはより骨格があり、しかしすべて生物学的熟成に支えられたシャープさと際立った個性があります。

Manzanilla Vinos de Jerez Sherry

 

Manzanilla - Sanlúcar de Barrameda

生産と熟成

これらのワインはパロミノ種のモストから造られ、低い圧力で圧搾され、完全に発酵されて造られます。

そのワインは低い圧力で得られたパロミノ種のぶどうのモストを完全発酵して造られます。その後アルコール度数15%に酒精強化され生物学的熟成が促されます。しかし、その工程はサンルーカル・デ・バラメダにあるボデガで行われなくてはいけません。

グアダルキビール川の河口に位置するその町のユニークな微気候条件が、フロールとその特別な持ち味を育みます。結果としてサンルーカルで生産された生物学的熟成のワインは、ほかの地域とは異なる特別な官能的特性を持ち合わせます。時としてマンサニーリャは例外的に長い熟成期間を経ることがあり、その間にフロールの膜が弱くなり、ほんの少しの酸化が発生し、その結果「マンサニーリャ・パサダ」が造られます。

Manzanilla - Sanlúcar de Barrameda

特別な側面

原産地呼称 「マンサニーリャ=サンルーカル・デ・バラメダ」 は地理的に原産地呼称 「ヘレス=ケレス=シェリー」の中に位置し、生産地域を共有し、同じ統制委員会の監督を受けています。ワイン造りに使われるぶどうおよび生産工程はヘレスのワイン、シェリーと全く同じです。

しかし、このワインに独特なアイデンティティを与える側面があります。サンルーカルの特別な微気候の中で、フロールの膜のもとで行われる熟成です。サンルーカルの大変特別な気候条件に影響を与えているものに、海抜ゼロメートルのバリオ・バホ(低地域)と海抜数メートルにあるバリオ・アルト(高地域)という、海抜の異なる2つの地区に分かれた独特の地形とともに、3つの大きな要因があります。

それは、サンルーカルの北の自然の境界線になっているグアダルキビール川、この川の水が流れ込み、町の西側の境界になっている大西洋、そして、まったく起伏のない、旧デルタ上の広大な平地の湿地帯です。これら3つの要因によって、ヘレスの生産地域内の他の地域に支配的な条件より穏やかな気温と比較的高い湿度が保てることになります。湿度をもたらしてくれるのは海風、ポニエンテで、バリオ・アルトの壁にぶつかって速度を落とし、サンルーカルの市街地に湿度をもたらします。

これらの自然条件すべてがサンルーカルのフロールの膜を特異なものにし、サンルーカルのボデガで生物学的熟成によって造られるワインの官能特性をより独特なものにします。

熟成期間が長引くと、もともと「フィナ(ヘレスのフィノのように繊細な)」なマンサニーリャは、何年もの熟成によって、古いワインが入ったクリアデラ(サンルーカルでは「クラセ」という)の中ではフロールが弱ってきて、軽い酸化の兆候が出てくるようになります。すると生まれるのは、マンサニーリャとアモンティリャアモンティリャードの間の特性を持った、「マンサニーリャ・パサダ」と呼ばれる特別のワインです。

Manzanilla Sanlucar Cana
サンルーカル・デ・バラメダでは、樽からテイスティングサンプルを取り出す道具であるベネンシアはカーニャとして知られており、切ったアシまたは竹から作られる。写真のグラスもカーニャとして知られている。

Manzanilla Sherry Sanlucar Prawns

Sanlucar Manzanilla Sherry
マンサニーリャとクルマエビを一緒に。サンルーカルでは浜辺で行われる競馬は非常に有名。このイベントでマンサニーリャは主要な役割を果たす。

分析データ

Manzanilla

  • アルコール含有量 15 ~ 19 % (通常15 %)
  • 糖分 5g 以下 (通常1g / l 以下)
  • 総酸度(酒石酸) 3~5 g / l
  • 揮発酸(酢酸) 0.25g / l 以下
  • 非常に低いグリセリン含有量 2g / l 以下
Jerez-Xérès-Sherry

#SHERRYLOVER

CLASSIC, PASSION, UNIQUE