ビノ・へネロソ

オロロソ

充実のシェリー

はじめに

オロロソはパロミノ種のぶどうから造られます。その特別な骨格は最初のテイスティングから酸化熟成をするものだと示唆します。

このためアルコール度数17%に酒精強化され、フロールの膜の形成が阻止され、ワインは空気にさらされて熟成をします。こうしてこのワインは骨格と複雑性をあわせ持つのです。

テイスティングノート

外観は豊かな琥珀色から濃いマホガニー色で、より色の濃いワインはより長く熟成しています。暖かく、複雑味と力強さを兼ね備えた丸みあるアロマがあります。クルミのようなブーケが支配的で、トースト香、野菜やバルサム香、ノーブルウッド、軽いタバコや枯葉の香りもあります。顕著なスパイシーな香り、トリュフや動物の皮を連想させる動物的な香りもします。

味わいはフルフレーバーで、骨格がしっかりとしています。パワフルで、よく丸みがあり、そしてフルボディです。グリセリンの含有によりスムースな舌触りです。余韻が長く、鼻後方のノーブルウッドのアロマがエレガントかつドライなフィニッシュを伴います。

ご存知でしたか?

オロロソは時には20%を超える比較的高いアルコール度数に達することがありますが、それは長い熟成の過程による結果です。シェリーの熟成用の樽はワインに含まれる相当量の水分を蒸発させてしまいます。それによりアルコール度数だけでなくワインの複雑性とフレーバーやアロマの一因となる残りの成分も凝縮します。

Oloroso Vinos de Jerez Sherry

生産と熟成

パロミノ種のぶどうのモストを完全に発酵させて生産されるオロロソは「専門職」のワインで、その特別な骨格は初期段階から現れ、テイスターにこのワインの運命は酸化熟成であると示唆します。最初にアルコール度17%まで酒精強化され、フロールの形成を抑制し、それによってワインは絶え間なく空気と接触し、伝統的なクリアデラとソレラ・システムでゆっくりと熟成します。樽の木の壁を通して段階的に水分が蒸発し、ワインが骨格、滑らかさ、そして複雑さを増すことを可能にし、凝縮の過程を促進します。

分析データ

Oloroso

  • アルコール含有量 17~22%
  • 糖分 5g / l 以下
  • 総酸度(酒石酸) 4 ~ 6 g / l 以下
  • 揮発酸(酢酸) 0.8 g / l 以下
  • 高いグリセリン含有量 8 ~ 10 g / l 以下
Jerez-Xérès-Sherry

#SHERRYLOVER

CLASSIC, PASSION, UNIQUE