時間への献身

造り方

ぶどうの樹から樽へ

ユニークで丹念に作り上げられたヘレスのワイン、シェリーの手法は正真正銘です。ヘレス地域で生産されるワインは歴史のある熟成方法が使われ、それは何代にもわたって引き継がれてきました。

この本質的な特徴は、クリアデラとソレラとして知られるユニークな工程で、床の上に置かれている最も古いワインが入っているソレラと呼ばれる樽からワインを取り出して、ボトリングをすることによって得られるものです。そのボトリングした分の代わりの、より若いワインを、第一クリアデラと呼ばれるソレラの上の段の樽の列から同じ量を抜き出します。そして今度は同じ量の、より若いワインを、第二クリアデラと呼ばれるその上の列の樽から抜き出します。この結果同じ品質の、卓越したワインが維持されるのです。

この動的な手法が、へレス地域のワインの生産で行われる、例外的に長い熟成の工程を可能にします。実際にその中には世界で最も古いワインになりうる、20年もしくは30年以上の熟成のワインがあります。

ヘレス地域で栽培される白ぶどう品種が、特徴的な色の範囲を持つ、驚くほど広い幅のシェリーを造りだします。とりわけこの偉大な多様性は、ワインが熟成の工程でどれくらい酸素にさらされるかによるものです。

この地域では酸化熟成と生物学的熟成(フロールの膜の下でワインを熟成させるもの)の二つのタイプの熟成方法が採用されています。

Jerez-Xérès-Sherry

#SHERRYLOVER

CLASSIC, PASSION, UNIQUE