Sherry Wine Bottling Vinos de Jerez Embotellamiento
生産

ボトリング

樽からボトルへ

ボトリング

最終準備

ソレラのボタから引き出されたワインは、瓶詰めを待つばかりのものと、シェリーの各種タイプを造りだすため、その他のワインとのブレンドにまわされるものとがあります。後者の場合、できた「ブレンド(カベセオ)」は、最終的な一体化を図るために再びボタに入れられて、いくらか時を過ごす例が多くみられます。

直接瓶詰めされるワインの場合、まず、清澄作業を行います。それには通常、浮遊している固形物質を引き付け、沈殿を促す成分であるベントナイトと、卵白もしくはゼラチンを使います。清澄の次はろ過、そして多くの場合、冷却処理が行われます。これは、酒石の結晶の形成を促すことで、それをしないと、急激な温度変化が起こったとき、瓶の中に結晶ができてしまいます。アルコール度数によりますが、ワインは-7から-11度の間の温度で何日間か置かれます。冷却処理の間に結晶が形成されて沈殿し、きれいになったワインは、再度ろ過されて、完全に透明で艶やかになり、瓶詰めされます。

ワインの官能特性をできるだけ長く維持するために、瓶の中に空気が残らないよう、ボデガでは不活性ガスとともに瓶詰めする技術がよく使われます。これは栓をする前に、充填時に瓶の内部に窒素を少量注入することです。窒素というのは完全に不活性なガスで、空気より重いので、空気と入れ替わり、内部に酸素が少しも残らない状態で瓶を閉じることができます。

こうしてワインは最終的に消費者のもとへ旅立つ準備が整えられます。

Sherry Wine Bottling Vinos de Jerez Embotellamiento
最新のボトリングの工程はシェリーを楽しむために完璧なコンディションを確保する。

透明で艶やかなシェリーがボトリングされます。

Sherry Wine Bottling Vinos de Jerez Embotellamiento
市場に出る準備とシェリーラバーの舌を喜ばせる準備が整う。

 

Jerez-Xérès-Sherry

#SHERRYLOVER

CLASSIC, PASSION, UNIQUE